with Mamaの家

市原市のハウスメーカー「with Mama(ウィズママ)の家」について、特徴や口コミ・評判、会社情報などを紹介しています。

with Mama(ウィズママ)の家の強みや特徴

with Mamaの家の公式HP画像画像引用元:with Mamaの家(http://www.withmama.net/)

with Mama(ウィズママ)の家は市原市・袖ケ浦市・千葉市にモデルハウスを構えるハウスメーカーです。with Mamaの家は屋号で、正式な会社名はネクストワンインターナショナル株式会社です。

屋号名にあるようにwith Mamaの家はお母さんが暮らしやすい家、使いやすい家をコンセプトに家づくりを行っています。

実際にアンケート調査を実施し、家事や子育てのストレスから解放されための工夫が至るところに。また、それらが標準仕様に含まれており、オプション費用なしで快適なマイホームが建てられるのが魅力です

with Mamaの家の口コミ・評判

with Mamaの家を利用して家を建てられた方による口コミや評判を紹介します。

「子どもを連れての打ち合わせも慣れているだけあって、気になることなく対応してもらうことができました。ママ目線での家づくりにはいろいろと感心しています」

「口コミで選びました。地域密着型のスピード感はとても満足しています。子どもたちも楽しそうに家の中で過ごしています」

「和気あいあいとしたアットホームな雰囲気に惹かれました。できあがった家はバルコニーが広く、使い勝手も良くて重宝しています」

「私の知り合いが引渡し後も何か不具合があれば、1時間以内で駆けつけてくれると紹介されて、ここなら安心して家を建てられると思い依頼しました。土地選びも希望エリア内でみつけてくれて、また、趣味のDJができるスペースも最高のつくりにしてくれたので、とても感謝しています」

「いろんなアイデアを出していただき、快適なマイホームに仕上がりました。とくに対面型のキッチンがお気に入り。料理や洗い物をしているときも子どもたちの様子が見えるので、寂しくないのが◎です。子どもたちも新しいお家を気に入ってるみたいでした」

「営業スタッフさんの対応の良さが高評価。費用やローンの相談にものっていただけて本当に助かりました。他のハウスメーカーさんよりもたくさんの土地を紹介してくれたのも好印象です。営業スタッフさんのサポートがあったからこそ、住み心地の良い家に仕上がったんだと思います」

「そこまで広くない土地でしたが、設計を工夫していただいて無駄なスペースがない家を建ててくれました。リビングにハンモックを付けてくれたり猫用の扉を付けてくれたり、私たちらしいマイホームに仕上がったと思います」

with Mamaの施工例

どこにいても家族が近くに感じられる

どこにいても家族が近くに感じられる

画像引用元:with mama公式HP
(https://www.withmama.net/construction.html

壁が白で統一した、清潔さを感じるリビング。キッチンと繋がっているので、料理しながらテレビを見ることができます。また、リビングは吹き抜けとなっており、天井まで広々とした空間に。2階にいてもリビングで団らんする家族を近くに感じられるでしょう。また、リビングには大きな窓があり、そこを開けると大きな庭に繋がります。

採光の取り入れ方で柔らかいモノトーンに

採光の取り入れ方で柔らかいモノトーンに

画像引用元:with mama公式HP
(https://www.withmama.net/construction.html

白と黒のモノトーンで統一した内装が落ち着いた雰囲気と上品さを演出しています。一つひとつの照明もシンプルなのにお洒落。吹き抜けの窓からは暖かい日差しが差し込んで、晴れた朝は家じゅうが明るくなるでしょう。シンプルなソファや机を配置することで和室ともマッチ。

仕様用途によって、デザイン性を絶妙にかえられる

仕様用途によって、デザイン性を絶妙にかえられる

画像引用元:with mama公式HP
(https://www.withmama.net/construction.html

白を基調とした内観で、キッチンは引き出しや冷蔵庫など茶系で統一しやすいデザインになっています。カウンターを設置することにより、大人で上質なインテリアに。キッチンからはリビングが見渡せるので、小さなお子さんがいても安心して家事ができますね。書斎室はオリジナルなデザインを起用し、独特な異空間につくりあげています。疊間も広くすっきりとしていてくつろげる空間に仕上がりました。

料理中の急な来客にもすぐ応対できる導線

料理中の急な来客にもすぐ応対できる導線

画像引用元:with mama公式HP
(https://www.withmama.net/construction.html)

ペニンシュラキッチンをキッチン&リビングのセンターに配置することによって料理中でも子供たちの様子を見守っていられようにしました。調理スペースは広くとり、 キッチンの右手に出入口を配置することによって、急な来客時にも最短ルートで出ていくことができます。

半クローズキッチンで隠したいところは隠せる

半クローズキッチンで隠したいところは隠せる

画像引用元:with mama公式HP
(https://www.withmama.net/construction.html

家族や訪れてくれた友人たちの会話に時々加わりながら料理をしたいけど、キッチンで見せたくないところはきっちり隠したいという要望に応えて半クローズ型のキッチンに仕立てました。窓も横に長くとり、適切に採光できるように設計されています。

お母さんが自慢したくなる外観

with Mamaの家は、お母さんが暮らしやすく使いやすい家がコンセプト。そのため、外観にもお母さんたちの意見を数多く取り入れています。

「モダン編」は洗練されたシンプルなスタイル。「プロヴァンス編」は落ち着きのある南欧風デザイン。「オリジナル編」は上品さが漂う寄棟シルエット。それぞれのスタイルにはこだわりが詰まっていて、お母さんが自慢したくなるような外観となっています。

さまざまなパターンが用意されているため、家族みんなの好みに合った外観が見つかるでしょう。

お母さんが自慢したくなる外観

画像引用元:with mama公式HP
(https://www.withmama.net/model-sodegaura.html

袖ケ浦店モデルハウスの外観です。子育て中心のお母さんたちがプロデュースしたモデルハウスなので、外観にも温かさがあふれていますね。

お母さんが自慢したくなる外観

画像引用元:with mama公式HP
(https://www.withmama.net/construction.html

シンプルなシルエットが好みであれば、モダン編の外観がオススメです。機能性が高く開放感もあります。スッキリとした外観が、暮らしやすさを象徴しているようです。

お母さんの希望をかなえるキッチン

キッチンはお母さんのお城ともいえる場所。with Mamaの家では、使いやすさやデザイン性を重視したキッチンを提案しています。

標準仕様となるのはLIXILのシステムキッチン。キャビネットには引き出し式のスライドストッカーがついているのでたっぷり収納できます。扉はソフトモーションレールを使用。強く閉めてもゆっくり減速してくれるので、指を挟む心配もありません。お手入れのラクなシンクも採用されていて、使いやすさはバツグンです。

お母さんの希望をかなえるキッチン

画像引用元:with mama公式HP
(https://www.withmama.net/construction.html

キッチンから部屋中を見渡せるため、家事をしながら子どもの様子を見たり、家族との会話も楽しめます。こんなに開放的なキッチンなら、炊事も苦じゃなくなりそう。お手伝いの機会も増えそうです。

お母さんの希望をかなえるキッチン

画像引用元:with mama公式HP
(https://www.withmama.net/construction.html

大きなパントリーを備えたキッチン。仕事をしているお母さんはとくに食料品の買いだめが多くなります。収納スペースがないと散らかってしまうのが難点。これだけ広いパントリーがあれば、お買い物も楽しくなりそうですね。

with Mama(ウィズママ)の家のこだわり

実際の声をもとにしたハイレベルな標準仕様

実際にママさんたちにアンケートを取ったり、おうちを建てた先輩ママさんに集まってもらって座談会を開催し、ママさん達の「あったらいいな」を形にしています。アンケートや座談会の声をもとにした標準仕様は以下の通り。

アンケートや座談会から得た意見を元に取り入れた標準仕様

  • かどまるの柱 : 柱の角は丸く面取りしているので、お子さまがぶつかっても安心
  • ニッチ : 壁の1部がおもてなしの飾りスペースに早変わりする仕様です。急な来客時にもスマートにおもてなし体制に!
  • ホスクリーン : 天井に設置するタイプの室内用の物干し受けを設置し、雨の日でも室内で洗濯物を干すことができます。

デザインも女性好みに!徹底的なママのための家づくり

子育てや家事に追われながらも、今まで通りオシャレでいたいと考える女性は多いもの

with Mamaの家ではそんな女性に配慮し、育児や家事の合間に自然とオシャレのことを意識できるような内装づくりに注力。可愛らしいインテリアや色合いにこだわり、ママたちが喜ぶ工夫を随所に盛り込んだ家づくりを行っています。

実際に資料請求&費用感を問い合わせてみました!【with Mamaの家編】

資料

1~2年以内に市原市かその周辺でマイホームを建てたいため、予算1,800万円以内(土地を含む)で30坪くらいを希望し、資料請求と問い合わせを行いました。家族は夫婦+3歳の子どもです。

費用やメンテナンスは?with Mamaの家に問い合わせ

まずは、with Mamaの家で建てた場合の気になる費用・メンテナンス事情について聞いてみました。

価格は建物の大きさによる定額制

担当者の方の回答では、建物の価格は30坪~31.99坪(32坪)で1,610万円。with Mamaの家は注文住宅でも定額制を採用していて、建物の大きさごとに金額が決まっているそうです。

with Mamaの家に出向かず見積もりしてもらう場合、要望や建築予定の土地などを電話で伝えることで、細かい費用を出してもらえます。

含まれている費用

例として提示された価格には、建物代に加え、以下のものが含まれているとのことでした。

  • 現場の管理費
  • 仮設工事費
  • 地盤の調査費
  • 図面の申請費等の付帯工事費用

(水道引き込みは別)

アフターメンテナンスと保証

with Mamaの家では、アフターメンテナンスも受け付けています。定期訪問が1年・2年・5年・10年ごとに行われるほか、以下の工事を行う場合、これらを築20年までに行うと、約170万円の費用がかかるとのことです。

  • 白アリ防蟻処理 5年ごと/約10万円
  • 外壁のコーキング点検や外壁塗装 10~15年ごと

また、with Mamaの家による保証は以下のとおりです。

  • 建物の構造躯体とバルコニー防水: 10年保証
  • 防蟻工事: 5年保証
  • 建具と付帯設備等:メーカー保証

with Mamaの家に資料請求!届いた資料とそのグッドポイント

with Mamaの家から届けられた資料は次の6種類です。

  • コンセプトブック
  • BEST HOUSE
  • FPサービスチラシ
  • 土地探しチラシ
  • 施工事例集
  • モデルハウスの間取り図

以下では、届いた資料について良かったポイントをご紹介します。

ポイント1.ママに向けられた内容の多さ

資料_02

「施工事例集」には間取りやアイデアが紹介されています。ベッドルームとしても使えるロフトや、バーベキューもできるスカイバルコニー、家族のコミュニケーションが取りやすいキッチン。子育て世帯に合ったいろいろな事例を確認できることが魅力です。

また、43.05坪になりますが、モデルルームの間取り図は家のイメージを思い描くときの参考になります。間取りだけが大きくなった図面でとてもシンプル。

ポイント2.子育て世帯向けの実例

FPサービスチラシの「オーナー様によるおうち自慢」では、家を建てるときに力を入れた施主さんのこだわりが紹介されています。スキップフロアにしたスペースやスケルトン階段など、子どもの安全を確保した家事動線も考えられており、参考になります。もちろんパパのこだわり紹介も掲載。

他にも、ガーデニングの虫除け対策やママ座談会の様子など、女性のライフスタイルに合わせた情報が盛りだくさんです。コンセプトブックには、ママの声から生まれたモデルハウスの具体例も案内されています。

ポイント3.わかりやすくまとめられた資料

分厚い商品紹介の資料ではなく全部で0.7cmと軽いため、手に取って見るのもまったく苦ではありません。余計な宣伝や売り込み的な要素は感じられない仕上がりで、暮らしやすい家を建てたいママが気軽に読めるような資料となっています。

編集後記:誠実な対応と子育て世帯向けの資料が嬉しい!

with Mamaの家では、問い合わせをしてからのしつこい勧誘はありません。資料請求をした時点で強引な営業をかけられると戸惑うこともありますが、with Mamaの家なら誠実に対応してもらえます。

メールの問い合わせも丁寧で、無償と有償のアフターフォローについてもしっかりとした説明があります。お得な部分だけを聞かされるのではなく、きちんと費用のかかるところを案内してもらえるということは、それだけ家づくりの実績と技術を持ち合わせているということではないでしょうか。

届けられた資料は、子育て世帯に特化した内容です。他の業者だとどうしても一般的な間取りやデザインになりますが、with Mamaの家にある実例はとても身近で共感できるポイントが多いです。業者目線で都合良く解釈されたものではなく、ママの快適さが実現されている施工事例集を見れば、すぐわかるでしょう。

子育て経験者の意見をうまく取り入れたプロデュースは、ママの過ごしやすさを形にする上では欠かせません。理想を理想だけでは終わらせない、子育てしやすくなるような工夫の詰め込まれた家が、資料の中の施工事例にみられました。

with Mamaのサポート体制

住宅とは別の切り口になりますが、with Mamaでは子育て支援の一環で保育園やカルチャースクールを展開しています。

ウィズママ保育園は五井地区にあるため市原市街地に住んでいる人には利用しやすいかと思います。カルチャースクールでは幼稚園入園前の簡易的なトレーニングやベビーマッサージ、子ども向け英語のレッスンなどを受けることができます。

with Mamaのアフターフォロー・保証について

Withママの家は建てたあとのことが一番大事だと考えているそうです。どんなにいい家を建てても、多額のお金をかけたところで月日がながれる程、汚れてきたり、傷んだりするもの。

だからこそ、引渡ししたあとの5年、10年、20年、30年と長期的に点検することが重要とのこと。施工担当者の手により直接水廻りや建具、内装チェックなど、点検を細かく行うので安心して任せられます。

状況に応じてその場で修理することも可能。点検が終わった後は住まいの状況について報告する、徹底したサービスが好評です。

Withママの家は地域密着型なので、限られた地域でしか施工していません。これは緊急時の対応も60分以内に駆付けるためなのだそう。このようなアフターサービスの面からも多くの顧客から信頼を得ているようです。

また、修理やメンテナンス業務を行うだけでなく、「家族祭・OB感謝祭」を通じて業者と施主同士とのコミュニケーションを高めるイベントも開催。地域との交流にも貢献しています。地域密着型にしかできない役割を意識して接してくれるそうです。

with Mamaの家のモデルルームの特徴

with Mamaの家では現在、千葉南店、市原店、袖ケ浦店、木更津店の4カ所でモデルハウスをオープンしています。各モデルハウスはいつでも内覧可能なので、興味のある方は問い合わせてみてください。

また、ホームページ上ではモデルハウスのバーチャルツアーができます。いつでもどこでもモデルハウス内を見学できるので、とても便利で楽しいですよ。

with Mamaの家の見学会やイベント情報

with Mamaの家ではたくさんのイベントが開催されています。バレンタインやハロウィンなどの季節のイベントや、モデルハウスのオープンやリニューアルを記念したイベントなどがあります。

また、アフターフォローに力を入れているのも特徴で「オーナー様大感謝祭」といったイベントも定期的に開催しています。東京ドイツ村に50組のオーナー家族を招待するなど大々的なイベントが行われ、大盛況となっています。

with Mamaの家の会社概要

会社名 ネクストワンインターナショナル株式会社
所在地 【市原店/モデルハウス】千葉県市原市国分寺台中央7-19-1、アクセス:「上総村上」駅より徒歩20
営業時間 10:00~20:00
モデルハウス 【市原店】 市原市国分寺台中央7-19-1(定休日:水曜)
【千葉南店】市原市古市場622-1(定休日:水曜)
【袖ケ浦店】袖ケ浦市蔵波台5-25-5(定休日:水曜)
【木更津店】木更津市桜井新町3-1-1(定休日:水曜)
対応エリア 市原市、袖ケ浦市、木更津市

お好みのタイプから注文住宅を見つけよう!

健康&快適に暮らす
ナチュラル素材の家なら

シノスタイル

シノスタイル

家族の健康を第一に思うママ・パパ必見!自然素材の家づくりと快適な暮らしにこだわる工務店。

日本の伝統を大切にする
こだわりの和風住宅なら

住友林業

住友林業

独自の構法がグッドデザイン賞を受賞したりと今もなお進化し続ける大手ハウスメーカー。

大人の遊び心をくすぐる
スタイルのある家なら

AsWell

AsWell

インナーガレージや薪ストーブ、外国風デザインなど、スタイルのある個性的な家づくりが得意。

ページの上へ戻る