お好みのタイプから注文住宅を見つけよう!

自然素材の家づくりなら

シノスタイル(木漏れ陽物語)

シノスタイルの自然素材の家

こだわりの和風住宅なら

住友林業

住友林業の和風住宅

個性的な家づくりなら

AsWell

AsWellの個性的な家

市原市の「チバニアン」

「チバニアン」とは、今から約77万4千年前~12万9千年前の地質時代につけられた名前のこと。学生時代に学んだ「ジュラ紀」や「白亜紀」のようなもの、と言えば分かりやすいかもしれません。その「チバニアン」に市原市の地層が選ばれています。こちらで分かりやすく解説していくので、早速チェックしていきましょう。

「チバニアン」の概要

「チバニアン」とは、2020年1月17日に国際学会で定められた今から約77万4千年前~12万9千年前の地質時代を指します。ラテン語で「千葉時代」という意味があり、そのチバニアンの証拠となる地層が市原市にあります。

チバニアンはカンブリア紀やジュラ紀に続く新生代のうち、第四紀の更新世中期にあたる年代です。この時代の終わりには、アメリカ大陸では人類の祖先であるホモサピエンスが誕生したとされています。

国の天然記念物に指定

国際学会でチバニアンが認定される以前に、養老川の周辺の地層が「とくに希少な地質鉱物」として認められ、2018年に天然記念物に指定されています。市原市内で天然記念物の指定を受けたのはこれが初めてののことです。

77万年前の地磁気の逆転現象の前後の様子がこれほどまでに鮮明に分かる地層は非常に珍しく、そのうえ年代が特定された火山灰層が見て分かるのも、例がありません。当時の花粉やプランクトンなどの微化石も地層中に含まれており、学術的にも高く評価されています。

市原市に貴重な地層ができた理由

現在市原市が位置する房総半島は、日本列島が形成される前は海の底に沈んでいたエリアです。激しい地殻変動によって、海底で堆積した地層は大地が隆起して、地上に現れました。

さらに、ここを流れる養老川によって地層が浸食され、その断面が露出することで、この貴重な地層が誕生したのです。

さまざまな偶然・事象が積み重なって生まれたこの地層は、世界でもとくに貴重な場所として現在観光名所の1つにもなっています。

チバニアンビジターセンター

チバニアンはまだ認定されて間もないため、きちんとした施設はまだできていませんが、当時の環境や現在の地層について学べる「チバニアンビジターセンター」という仮の施設がオープンしています。チバニアンビジターセンターでは地磁気逆転の仕組みや周辺で観察できる化石など、さまざまな展示と映像放映を行っています。

チバニアンの地層が見られるエリアのほど近くにあるため、地層を見学に行く際はまずはこちらで知識を深めておくのがおすすめです。

  • 所在地:千葉県市原市田淵1157
  • 開館時間:9:00~16:00
  • 休館日:毎週木曜日、年末年始(12月29日~1月3日)

チバニアンガイドが同行する見学コースも!

チバニアンビジターセンターでは、「チバニアンガイド」が同行してくれる見学コースプランも設けています。その場で直接解説してくれるので、より知識も深まるはず。大人はもちろん、お子さんの社会科見学・自由研究としてもおすすめ。予約は電話またはファックスから受け付けているそうです。ぜひチェックしてみてくださいね。

お好みのタイプから注文住宅を見つけよう!

健康&快適に暮らす
ナチュラル素材の家なら

シノスタイル

シノスタイル

家族の健康を第一に思うママ・パパ必見!自然素材の家づくりと快適な暮らしにこだわる工務店。

日本の伝統を大切にする
こだわりの和風住宅なら

住友林業

住友林業

独自の構法がグッドデザイン賞を受賞したりと今もなお進化し続ける大手ハウスメーカー。

大人の遊び心をくすぐる
スタイルのある家なら

AsWell

AsWell

インナーガレージや薪ストーブ、外国風デザインなど、スタイルのある個性的な家づくりが得意。

ページの上へ戻る