注文住宅を建てる前に知っておきたい工務店とハウスメーカーの違い

注文住宅の依頼先に、工務店を検討する方は多いはずです。工務店とハウスメーカーにはどのような違いがあるのでしょうか。詳しく解説します。

最初に理解しておきたい工務店とは

「工務店」に明確な定義はありませんが、戸建住宅を請け負う建築業者の中で地域に密着しているものを工務店と呼ぶことが多いようです。「ハウスメーカー」が広いエリアで施工する建築業者を指すので、対応エリアに大きな違いがあるといえます。ただし、最近になって境界線はあいまいになっています。広域にわたって施行している工務店が増えてきたからです。このような工務店の中には、ハウスメーカーと同じように住宅展示場やモデルハウスを設けているところがあります。対応エリアや規模の違いだけで区別することは難しくなりつつあります。

工務店とハウスメーカーの違い

工務店とハウスメーカーの違いは、施工エリアだけではありません。プランの自由度、品質、コストアフターサービスなどにも違いがあります。

プランの自由度

工務店は、施主と一緒にプランを作り上げていきます。例えば、システムバスはこの商品にしてほしい、フローリングは無垢材を使用してほしいなど施主の希望を柔軟にかなえることが出来ます。対するハウスメーカーは、家づくりが規格化しています。あらかじめ決められた間取りや設備の中から好みのものを選んで組み合わせることが一般的です。自由設計と呼ばれるプランもありますが、こちらも完全に自由というわけではなく、決められた間取りなどに変更を加えていく形です。一般的に、工務店の方がプランの自由度は高いといわれています。

品質の違い

施主と一緒に家づくりを行う工務店の品質は、職人さんの腕次第といわれています。高品質な家を建てられることもあれば、それなりの品質になることもあります。ハウスメーカーは、建築資材のほとんどを工場で加工しているので、安定した品質の家を建てられるといわれています。工務店は、職人さんの腕を見極めて選ぶことが重要といえそうです。

工期

工期は工法や建築時期、家の大きさなどにより異なります。これらの条件をすべて同じにした場合、工務店よりハウスメーカーの方が工期は短いといわれています。すべての面でシステム化されていて無駄がないからです。工務店の工期はやや長めですが、「隙間」があるので要望などに柔軟に対応してもらえることがあります。

アフターサービス

工務店のアフターサービスは建築業者により大きく異なります。一般的には、アフターサービス部門などは設置せず、大工さんや職人さんがアフターサービスを行ってくれることが多いようです。専門家が対応してくれる点はメリットですが、専任スタッフが対応してくれるわけではないので繁忙期などはなかなか対応してもらえないことがあります。ハウスメーカーは、アフターサービス部門を設置しています。制度化されているので、いつでも安定したアフターサービスを受けられます。

コスト

工務店とハウスメーカーで同じ間取り、設備の家を建てた場合、コストは工務店の方が安くなります。工務店の方が安い理由は、ハウスメーカーに比べて経費が掛かりにくいからです。規模が小さい工務店は、広告費やモデルハウスの建築・運営費などがあまりかかりません。これらも住宅の価格に反映されるため、ハウスメーカーより安く家を建てられるのです。反対に、ハウスメーカーの方が高い理由は、信頼性の高い建築資材を使用しているから、アフターサービスの質が高いからといわれています。どちらが優れているとは、一概に言えません。

特徴を理解して選ぶことが重要

工務店は、地域に密着した戸建住宅を請け負う建築業者です。ハウスメーカーと比べると、施工エリアやプランの自由度、品質、アフターサービス、コストなどに違いがあります。それぞれ優れた面があるので、特徴を理解して選ぶことが重要です。

お好みのタイプから注文住宅を見つけよう!

健康&快適に暮らす
ナチュラル素材の家なら

シノスタイル

シノスタイル

家族の健康を第一に思うママ・パパ必見!自然素材の家づくりと快適な暮らしにこだわる工務店。

日本の伝統を大切にする
こだわりの和風住宅なら

住友林業

住友林業

独自の構法がグッドデザイン賞を受賞したりと今もなお進化し続ける大手ハウスメーカー。

大人の遊び心をくすぐる
スタイルのある家なら

AsWell

AsWell

インナーガレージや薪ストーブ、外国風デザインなど、スタイルのある個性的な家づくりが得意。

ページの上へ戻る