お好みのタイプから注文住宅を見つけよう!

健康住宅な家ならココ

シノスタイル(木漏れ陽物語)

シノスタイルの自然素材の家

高断熱、高気密な家ならココ

ウィザースホーム市川展示場

高耐震な家ならココ

DAISHU

※シノスタイルの選出基準:公式サイト内に自然素材の使用を明記しており、漆喰壁、自然系植物性塗料を標準装備している市原市にある建築会社。
※ウィザースホーム市川展示場の選出基準:公式サイト内に自然素材の使用を明記しており、2x6工法を使用し、もっともUA値の低い建築会社。
※DAISHUの選出基準:公式サイト内に自然素材の使用を明記しており、耐震等級3を標準仕様にしている建築会社。

公開日: |最終更新日時:

美しい和モダン住宅

市原市対応の工務店・ハウスメーカーが手掛けた、美しい和モダン住宅を特集しました。施工事例と和モダン住宅を美しく仕上げるポイントをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

シノスタイルの施工事例

立体的なフォルムが風景に映える和モダンスタイル

シノスタイルの和モダン住宅1画像引用元:シノスタイル公式Instagram
(https://www.instagram.com/p/Bnj7c5pnPD0/)

外観を装飾する木のルーバーと、合理的に計算された無駄のないシンプルなフォルムが融合し、和モダンスタイルの1つの完成形を実現。

無機質になりがちな印象を、木の温もりや中庭の生命感が中和することで絶妙なバランスを与えています。存在感と同時に周囲に溶け込む柔軟性も併せ持った施工事例です。

ナチュラルテイストのなかに忍ばせた、粋な遊び心

シノスタイルの和モダン住宅2画像引用元:シノスタイル公式Instagram
(https://www.instagram.com/p/BgF1Mvglq5a/)

ナチュラルテイストのリビング、その壁の一面にこっそりと佇む遊び心。漆喰で、見事に月を眺めるウサギが描かれています。小粋な和デザインだけでなく、漆喰の造作に長けた職人の腕も見どころ。

和と遊び心の融合が、モダンな雰囲気を演出しています。オーダーメイドの注文住宅だからこそ叶えられた、こだわりのワンポイントとも言えるでしょう。

木のすまい工房の施工事例

自然素材との対話を楽しむデザイン性の高い和空間

木のすまい工房の和モダン住宅1画像引用元:木のすまい工房公式サイト
(https://kinosumaikoubou.jp/gallery/大きな土間空間を内包したおおらかリビングの極)

ウォールナットや檜、無垢材を贅沢に使ったデザイン性の高い、和モダンスタイル。落ち着いた静けさを内包し、家のどこにいても木との対話を楽しむことができます。

和室の畳の色やにおい、格子の美しさ、梁のたくましい佇まい、どれをとっても和を求める感性を思い起こさせ、究極の和の美を感じさせます。

開放感と奥ゆかしさを同時に感じさせる究極の和モダン

木のすまい工房の和モダン住宅2画像引用元:木のすまい工房公式サイト
(https://kinosumaikoubou.jp/gallery/吹き抜けと中庭、土間に離れの和室があるすまい)

天井の高い吹き抜けや広々とした土間が特徴的。開放感あふれる設計でありながら、格子戸や離れの和室、床の砂利など和テイストな奥ゆかしさを同居させています。

活かしあうことで上質な生活にアップデートされ、至高の和モダンへと近づく。そんな理想が現実となり、住むたびに味わい深くなる魅力的な家に仕上がっています。

工藤工務店の施工事例

こだわりが生み出すオンリーワンのクォリティー

工藤工務店の和モダン住宅1画像引用元:工藤工務店公式サイト
(http://www.kudostyle.jp/gallery/?p=1067)

デザイン、施工、木材など細部にまで気をつかったこだわりが生み出すのは、オリジナリティーあふれるオンリーワンのクォリティーです。

木は住むほどに味わいを深くし、色を変え、匂いを変え、瞬間ごとに表情を変える。それが実感できる和モダンな、自分だけの家に、毎日の生活が楽しくなります。

明と暗、和と洋の融合が語る住みやすい自分だけの形

工藤工務店の和モダン住宅2画像引用元:工藤工務店公式サイト
(http://www.kudostyle.jp/gallery/?p=1188)

重厚感のある黒のガルバリウム剛板の外観と和を感じさせる無垢の格子、インダストリアルなガレージが見事に融合した理想のマイホームの完成形。

スクエアを基本としたフォルムのなかで、2階に設けられた丸窓が和の趣を演出するアクセントに。シンプルながら強いこだわりが感じられる一例です。

【まとめ】和モダン住宅を建てるポイント

和モダンの住宅を建てる時に重要になるのが、和とモダンのバランスです。

モダンを主軸にして和を添えることで、無機質になりがちな印象をやわらげる効果を狙うのか。あるいは和を主軸にしてモダンなテイストをスパイスとして加えることで、ミニマルで落ち着いた美に刺激的な印象を与える効果を狙うのか。どちらに重心を傾けるかで現れる個性や生活スタイルも違ってきます。

使用する木材によっても家の個性が違ってくるので、理想のイメージを明確にしておくことも必要です。

お好みのタイプから注文住宅を見つけよう!

健康住宅な家ならココ

シノスタイル

シノスタイル

高断熱、高気密な家ならココ

ウィザースホーム市川展示場

高耐震な家ならココ

DAISHU

※シノスタイルの選出基準:公式サイト内に自然素材の使用を明記しており、漆喰壁、自然系植物性塗料を標準装備している市原市にある建築会社。
※ウィザースホーム市川展示場の選出基準:公式サイト内に自然素材の使用を明記しており、2x6工法を使用し、もっともUA値の低い建築会社。
※DAISHUの選出基準:公式サイト内に自然素材の使用を明記しており、耐震等級3を標準仕様にしている建築会社。

ページの上へ戻る