HOME » 自然素材の家づくり講座

自然素材の家づくり講座

ここでは、自然素材を使用した家の魅力や特徴などを紹介します。各ページでは、「床材」「壁材」「自然素材のメリット・デメリット」について詳しく紹介しています。自然素材を使用した家づくりの参考にしてみてください。

自然素材の家は人によってイメージが違う

自然素材の家に注目が集まっていますが、そもそも自然素材の家とはどのような家を指すのでしょうか?

「木をたくさん使っている家」や「伝統的な工法で作られている家」だったり、「太陽光パネルが設置してある家」や「雨水利用装置がある家」だったりと、人によってイメージにバラつきがあるかと思います。

しかし、世間一般的に言われている自然素材の家とは、シックハウス症候群や化学物質過敏症などを防ぐために、そういった化学物質を含んだ素材を使用せず建てた家のことを言います。

自然素材の家を建てるときには、自分の思い描いているイメージと一般的に言われるイメージ、そして建築を依頼するハウスメーカーのイメージをすり合わせて、三者の目的にズレがないか確認することが大切になります。

自然素材の家の特徴と魅力

自然素材が積極的に利用される箇所と言えば、人が触れることが多い床や壁が代表的です。これらを自然素材にすることによって、温もりのある家になること間違いありません。

床材は無垢の木を選ぶ

床材(フローリング)はパイン(松)、スギ、ヒノキなどの自然素材(無垢材)を使います。共通して言えるのが肌触りの良さや自然素材ならではの温もりが魅力として挙げられますが、その他にも合成木材にはない耐久性や弾力性、耐水性などの機能性を持ち合わせていることがあげられます。湿度や気温によって伸縮することがありますが、これもまた自然素材ならではの現象です。

無垢の床材についてもっと詳しく>>

壁材は珪藻土・漆喰を選ぶ

壁材として自然素材の家づくりで使用される素材は、珪藻土や漆喰が代表的です。それぞれに共通して言えるのが調湿性の高さです。現代の家は冷暖房効率を高めるために、気密性がある家づくりになることが多いです。しかし、気密性を高めたために空気が部屋の中にこもってしまうため、湿度が高まってしまいます。その結果、湿気を好むダニやカビ・細菌などの繁殖が起きてしまい、健康状態に悪影響が出てきます。

一方、自然素材を使った壁にすることで壁が湿気を吸収し、適度な湿度バランスを保つことが期待できます。とくに漆喰は古くから「呼吸する壁」とも呼ばれ、多くの住宅を快適にし続けてきました。

珪藻土・漆喰を使用した壁材についてもっと詳しく>>

メリット・デメリットを知る

自然素材の家はカラダにもやさしく、家族が健康に暮らしていくうえでとても魅力的なもの。肌触りや香り、ぬくもりなど居心地を良くしてくれることは間違いありません。耐久性や殺菌性にも優れており、一生安心して暮らせる家として自然素材を採用する人も多くいるようです。

しかし、自然素材は気候や湿度による変化もあり、扱いが難しいとも言われています。扱いに慣れた職人さんの施工が必須であったり、日々のメンテナンスが必要になったりと、家づくりの前に押えておくべきポイントがあります。そこで、自然素材のメリット・デメリットを良く知り、これからの家づくりの予備知識としてお役立てください。

自然素材の家のメリット・デメリットをもっと詳しく>>