狭くても大丈夫!市原市で狭小住宅を建てる場合のポイントとは?

この記事では、市原市で狭小住宅の建築を考えている方へ向け、狭小住宅の注意点などを解説します。市原市で狭小住宅の建築を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

狭小地の定義とは?

狭小住宅や狭小地とは、厳密な定義はされていません。しかし、概ね約15坪、50平方メートル以下の土地に建てられた住宅のことを狭小住宅といい、それに合わせて狭小地もこれに準ずることが多いです。最近では、都心部だけではなく、市原市のようなベッドタウンにおいても、狭小住宅が増えてきています。また、狭小地は土地を効率よく活用することから、基本的な四角形な土地だけではなく、変形的な土地が対象となることも多いです。

狭小地に家を建てる場合のポイント

ここでは、狭小地に家を建てる際に気を付けるポイントについて、詳しくご紹介します。

採光性を重視する

狭小地は、多くの場合住宅密集地であることが多いです。また、土地が狭いことから通常の住宅のような建て方をすると、家の中が暗くなりやすいというデメリットがあります。採光を取りやすいデザインにすることで、明るさを手に入れることができるだけではなく、数値以上の見た目の広さを感じられるようになります。採光性を高くするためには、天井高を高くする、窓を大きくする、吹き抜けを作るなどの工夫がおすすめです。また、レイアウトを工夫して、壁やドアを減らすことで、採光性を高めることができます。

風通しを良くする

狭小地において、間取りを細かく設計しすぎると、風が通らなくなります。結露やカビなど、住宅だけではなく人体へのトラブルの原因になる恐れもあるでしょう。風通しを良くするために、吹き抜けを作ったり、階段をオープン階段にしたりするなどをして、通気性を確保するようにしましょう。

工夫次第で収納は増える

狭小地は、そもそもの土地が狭いので、収納スペースの確保が困難です。ただ、部屋の中に荷物があふれてしまうと、視覚的な狭さを感じる要因にもなります。そのため、収納空間の充実さも、狭小住宅では必要となります。床下収納や、屋根裏収納など、使用しないスペースを有効的に確保するようにしましょう。また、スキップフロアなどの中2階スペースを採用することで、効率よく収納スペースを作ることも可能となります。

生活導線を意識して設計する

いくら広い住宅であったとしても、調理や洗濯などの生活導線が悪いと住み心地がよくないです。狭小住宅であっても、生活導線を意識して間取りをレイアウトしていくと、住み心地はかなり高くなるでしょう。むしろ、コンパクトな広さの分生活しやすくなる傾向があります。

狭小住宅の相談を受けてくれるメーカー

市原市内で、狭小地の注文住宅を相談したい場合、以下のハウスメーカーや工務店に相談をしてみましょう。

シノスタイル

スイスイ漆喰や無垢材を使った自然素材の家づくりに特化しています。自然素材にこだわりがあり、世界に一つだけのマイホームを建てたい方におすすめです。

住友林業

グッドデザイン賞の独自工法が特徴の大手ハウスメーカーです。伝統的な和風に現代のエッセンスを取り込んだ住宅を建てたい場合におすすめです。

With Mamaの家

子育てや家事をするママ目線のデザインに特化しているメーカーです。生活導線に意識しつつも、シンプルモダンで遊び心のある住宅を目指したい場合にもおすすめです。

お好みのタイプから注文住宅を見つけよう!

健康&快適に暮らす
ナチュラル素材の家なら

シノスタイル

シノスタイル

家族の健康を第一に思うママ・パパ必見!自然素材の家づくりと快適な暮らしにこだわる工務店。

日本の伝統を大切にする
こだわりの和風住宅なら

住友林業

住友林業

独自の構法がグッドデザイン賞を受賞したりと今もなお進化し続ける大手ハウスメーカー。

大人の遊び心をくすぐる
スタイルのある家なら

AsWell

AsWell

インナーガレージや薪ストーブ、外国風デザインなど、スタイルのある個性的な家づくりが得意。

ページの上へ戻る