どれくらい必要?市原市で注文住宅を建てる場合の資金計画とは

自分がどの程度のマイホームを建てたいのか考えよう


建売住宅に比べて、注文住宅はどうしても金額が高くなる傾向があります。そのため、いざ注文住宅を建築しようとしても、資金が全く足りないと諦めざるをえなくなってしまいます。そのため、注文住宅を注文しようと行動を起こす前に、ある程度費用を想定しておく必要があるでしょう。

もし現時点で全く資金が足りない状態であれば、資金が溜まるまで貯金を頑張りましょう。無理やり購入しようとしてしまったり、共働きをすることを想定して購入に走ってしまうと、最終的に資金が不足してしまう恐れがあるので気をつけましょう。

注文住宅の建築費用はいくらくらい?


国土交通省が行った、平成26年の住宅市場動向調査によると、注文住宅を建てた資金総額の平均は4,227万円でした。市原市は千葉県のベッドタウンであり、東京などの都心部にも比較的近いことから、この平均金額を参考に資金計画を立てるとよいでしょう。

また、建築費用というのは土地+建物代と勘違いしてしまう方が少なくありません。しかし、建物以外の外構や植栽などの費用も必要となります。せっかく注文住宅を建てるのであれば、外構にもこだわりたいですよね。建築費用を10とした場合、主に本体価格が7~8割、外構費用等が2~3割程度と考えておきましょう。

頭金に必要な自己資金はどれくらい必要か?


多くの方は、注文住宅を建てる際に住宅ローンを利用することでしょう。最近では、自己資金ゼロで全額住宅ローンで賄えるサービスもできていますが、しっかり自己資金を用意したうえで注文住宅を建てるほうが、将来的な返済を楽にできます。

また、自己資金というと住宅ローンの頭金のことを想像してしまいがちですが、それだけではなく注文住宅を登記するための費用や住宅ローンの申し込み費用、家財や引っ越し費用なども自己資金の範囲となります。自己資金は、これらを含めておおむね2割以上あると安心できるでしょう。

住宅ローンの借入可能額とは


住宅ローンの借入額は、個人が好きなだけ借入れできるわけではありません。一般的な金融機関では、税込年収に占める年間返済額を審査したうえで借入金額が算定されます。多くの場合は、年収に対して25~35%以内としている金融機関が多いです。ただし、これらはあくまでも上限金額です。年間返済額が低ければ低いほど、毎日の生活が楽になります。

そのため、上限いっぱい借入れをするというのではなく、頭金をしっかり準備したうえで、借入額を減らすようにしたほうがよいでしょう。

固定金利か変動金利か


住宅ローンには、全期間固定金利型や、固定金利期間選択型、変動金利型などの金利の種類があります。固定金利にすると将来的な金利の影響を受けにくくすることで、返済計画を確実できるというメリットがあります。

しかし、金利は比較的高くなるデメリットがあります。
一方、変動金利は金利がかなり低くなるというメリットがありますが、将来的に金利が高くなった時に返済額が上がってしまう可能性があるというデメリットがあります。

お好みのタイプから注文住宅を見つけよう!

健康&快適に暮らす
ナチュラル素材の家なら

シノスタイル

シノスタイル

家族の健康を第一に思うママ・パパ必見!自然素材の家づくりと快適な暮らしにこだわる工務店。

日本の伝統を大切にする
こだわりの和風住宅なら

住友林業

住友林業

独自の構法がグッドデザイン賞を受賞したりと今もなお進化し続ける大手ハウスメーカー。

大人の遊び心をくすぐる
スタイルのある家なら

AsWell

AsWell

インナーガレージや薪ストーブ、外国風デザインなど、スタイルのある個性的な家づくりが得意。

ページの上へ戻る