自然素材の家の手入れ方法

近年、自然素材の無垢材や珪藻土、漆喰など人や環境に優しい材料で家を作りたいと思う人が増えてきています。

でも、自然素材はお手入れに手間がかかると心配する方も多いでしょう。

今回は、市原市で注文住宅を考えているあなたに、大切に暮らす家だからこそ自分でも試せる自然素材の良さを活かすお手入れ方法を紹介します。

1.漆喰壁のお手入れ方法とは?

漆喰壁は、傷がつきやすい汚れが落としにくい等のイメージがありお手入れが大変なのでは?と思われる方が多いのではないでしょうか。

これから、手軽にできるいくつかのお手入れ方法を紹介しますので参考にしてください。

1-1.はたきを掛ける!

毎日のお手入れは壁に叩きを掛けてホコリを落とせます。また、漆喰は帯電しない性質があると言われているので、表面の仕上げにもよりますが本来ホコリもつきにくいのです。

1-2.消しゴムで消す!

例えば、子供が落書きした色鉛筆や何かの表紙でついてしまった手垢など、ちょっとした汚れは消しゴムで軽く擦ってください。

表面的な汚れは消しゴムカスと一緒に落ちてしまします。

1-3.サンドペーパー(120番前後)で表面を削る!

次に、もう少し強力なマジックで書かれた汚れは消しゴムでは消えない場合もあるので、サンドペーパーを固い木片に巻きつけて軽く擦ってください。

その後、雑巾などで細かい粉を落とすと汚れは綺麗になります。1-2で消えなかったものもこちらで一度試してみても良いですね。

1-4.漂白剤(キッチンハイター)を吹き付ける!

spray

そして、コーヒーや醤油などの水性のシミ汚れは、4~5倍に薄めた漂白剤を霧吹きでシミの周りにかけて30分ほどおきます。その後、水を霧吹きでかけて中和させれば綺麗になります。

ここで注意!!!壁の色が白い事が条件。また、必ず目立たない場所で試してから行い、木製のものに飛び散ると変色する場合があるので養生をしてください。

2.珪藻土壁のお手入れ方法とは?

珪藻土壁は、少しざらざらとしたゆず肌と言われる仕上がりになるので漆喰よりも更にお手入れが難しいのでは?と思われる事でしょう。

こちらも、ちょっとした事に注意をしながら簡単なお手入れで綺麗になる方法がありますのでご紹介します。

2-1.はたきを掛ける!

やはり、毎日のお手入れは壁にはたきを掛ける事でホコリが落とせます。

また、珪藻土も帯電しない性質があるので、汚れはつきいくいと思ってもらって良いです。

2-2.メラニンスポンジでこする!

誤って書いてしまった鉛筆跡や、手垢などの部分汚れはメラニンスポンジで表面を軽くこすると汚れが取れます。

最後に、刷毛などで汚れと一緒に粉を取り除けば綺麗になります。

ここで注意!!!スポンジに水は付けないこと、こすりすぎは表面の仕上げが変わるので気をつけて下さい。

2-3.漂白剤(キッチンハイター)でしみ抜き!

次に、飛び散ってしまったコーヒーや醤油のシミ等の汚れは、水と漂白剤を1:1で薄めて綺麗な布に染みこませ、汚れた部分に塗布してからしばらく乾かします。

それから、漂白剤が残らないように水を含ませたタオルで汚れた場所を叩いて下さい。

ここで注意!!!壁の色が白い事が条件。また、必ず目立たない場所で試してから行ってください。

3.無垢材のお手入れ方法とは?

無垢材はどうしても日常の生活で傷や汚れがつきやすいものです。

傷や汚れがついた時、無垢材は仕上げの状態を知ることでお手入れが気楽に出来るので、ここではオイル塗装仕上げと無塗装仕上げの無垢材のお手入れ方法を紹介します。

3-1.すぐに乾拭き!

まず、水や油は乾いた雑巾ですぐに拭き取りましょう。時間が経ってしまうとどうしても汚れは落ちにくくなってしまうのですぐ行うことがポイントです。

その後、オイル塗装仕上げは、水またはぬるま湯を固く絞った雑巾で汚れが付かなくなるまで拭きます。

無塗装仕上げは、乾いてもシミになっているようであればサンドペーパー(240番、320番くらい)で表面を磨いてください。

3-2.アイロンを当てる!

iron

無垢材に物を落として凹ませることやテーブルなどを引きずる事で線状の傷がつくことがあります。

この方法は少し驚くかもしれませんが、傷の部分に数滴水を垂らして当て布をしてからアイロンをあてます。数回繰り返すと木が膨らむので、乾燥したらサンドペーパー(180番)で磨いてください。

その後、オイル塗装仕上げは、使用しているオイルまたは蜜蝋ワックスを塗布します。

無垢材仕上げは、表面を綺麗に磨けば良いのですがアイロンで汚れが浮く場合があるので少し注意が必要です。

4.汚れも暮らしの一部!

最後に、日々の生活の中では自分のこだわりの家が傷ついたり汚れたりすることはとても自然の事です。

豊かに暮らすために、人や環境に優しい素材を選んだのだから大らかな気持ちで家のお手入れもしてください。

そして、自然素材の魅力の一つでもある「時間の経過」を楽しみながら家のお手入れをすることが良いものを長く使う一番の秘訣かもしれないですね。

お好みのタイプから注文住宅を見つけよう!

健康&快適に暮らす
ナチュラル素材の家なら

シノスタイル

シノスタイル

家族の健康を第一に思うママ・パパ必見!自然素材の家づくりと快適な暮らしにこだわる工務店。

日本の伝統を大切にする
こだわりの和風住宅なら

住友林業

住友林業

独自の構法がグッドデザイン賞を受賞したりと今もなお進化し続ける大手ハウスメーカー。

大人の遊び心をくすぐる
スタイルのある家なら

AsWell

AsWell

インナーガレージや薪ストーブ、外国風デザインなど、スタイルのある個性的な家づくりが得意。

ページの上へ戻る