お好みのタイプから注文住宅を見つけよう!

自然素材の家づくりなら

シノスタイル(木漏れ陽物語)

シノスタイルの自然素材の家

こだわりの和風住宅なら

住友林業

住友林業の和風住宅

個性的な家づくりなら

AsWell

AsWellの個性的な家

世界にひとつの家が見つかる!市原市のステキな注文住宅ギャラリー » 【エリア別】千葉の住環境・住みやすさ特集

【エリア別】千葉の住環境・住みやすさ特集

千葉県内で注文住宅を建てたいと考えている方必見!土地選びの参考にしてほしい、エリア別の住みやすさ情報をまとめました。

市原市の住みやすさ

市原市の公式サイト画像引用元:市原市公式サイト
(https://www.city.ichihara.chiba.jp/)

千葉県の中央部に位置する市原市。千葉県のなかで最も面積が広く、市原・ちはら台・五井・辰巳台などの地区に分けられます。都心や千葉市のベッドタウンとして発展し、抜群の住みやすさが確保されています。

交通環境が整っており、都心へのアクセスが良好。アリオ市原やユニモちはら台など大型ショッピングセンターも充実してるので、買い物に困ることもありません。また大きな繁華街がなく、治安も◎。保育園から大学まで教育施設が充実しているため、ファミリー世帯にとくにおすすめしたいエリアです。

ほかのエリアに比べて市の面積が広く、土地価格が安いのも見逃せないポイント。広くて安い土地を求めて、市原市に変更する方も多いんだとか。ぜひ、選択肢の1つとして検討してみてください。

市原市のお出かけスポット

小学生くらいまでの、小さなお子さんがいる家庭にオススメな市原市。動物との触れ合いを楽しめるマザー牧場をはじめ、自然を感じながら楽しく遊べるスポットが盛りだくさんです。雨の日でも、「サンプラザ市原」には屋内に温水プールが設置されており、天候に左右されず楽しむことができます。

お出かけスポットの費用は200円~1000円程度、高くても大人料金1,800円程度(市原ぞうの国)と、良心的な価格設定の施設が多いのも特徴。ふとできた休みにも、少し遠出をする感覚で日常とは異なる体験をできるスポットが豊富です。

市原市へ移住する魅力

市原市はちょっとした田舎暮らしを楽しみたいと考える人の移住先にもおすすめです。子育て世帯には嬉しい特典が盛りだくさんの市原市。妊娠や出産はもちろんのこと、中学校卒業までさまざまな手当てが用意されています。また自然が豊富なため、緑を感じながら子育てできる環境も大きな魅力です。

東京まで電車で通勤できる範囲内ながら、田舎暮らしのようなゆったりとした時間の流れの中で暮らすことができます。子供が伸び伸び遊べるスペースも多いため、都会の喧噪に疲れた方にオススメです。

袖ヶ浦市の住みやすさ

袖ヶ浦市の公式サイト>画像引用元:袖ヶ浦市公式サイト
(https://www.city.sodegaura.lg.jp/)

袖ヶ浦市は市原市と木更津市のあいだに挟まるように、千葉県の中央部に位置しています。市の南側には静かな住宅街が多く、北側には豊かな自然が広がっています。「自立と協働のまち|人いきいき、緑さわやか、活力あふれる袖ケ浦」を将来の都市像として掲げる、都会と自然のバランスが良い地域です。

図書館や総合運動場、市民会館などの施設は駅周辺に集中しており、生活の利便性が確保されています。2019年には袖ヶ浦駅北口に大型のショッピングモール「ゆりまち袖ヶ浦駅前モール」の開業が予定されており、今後より住みやすい街へと発展していきそうです。

木更津市の住みやすさ

木更津市の公式サイト画像引用元:木更津市公式サイト
(http://www.city.kisarazu.lg.jp/)

千葉県の中西部に位置する港町・木更津市。海と山に囲まれたエリアで、溢れるほどの豊かな自然が特徴です。四季の変化を存分に満喫できるでしょう。海水浴や牧場などのレジャー施設も充実しており、アウトドアも楽しめますよ。

また市内には昔ながらの街並みが残り、どこか懐かしい雰囲気が漂っています。「昭和レトロな街並みに憧れる!」という方にぴったり。買い物環境についてはイオンモールや三井アウトレットパーク木更津などの商業施設があるため、日用品の買い物であれば不便はありません。程よい田舎暮らしが楽しめるエリアです。

君津市の住みやすさ

君津市の公式サイト画像引用元:君津市公式サイト
(http://www.city.kimitsu.lg.jp/)

豊かな自然が残る、のどかで住みやすいエリアです。春には桜が咲き誇る三舟山、秋には美しい紅葉が見れる亀山湖など、四季折々の変化が楽しめるスポットが数多くあります。さらに、雲海のような絶景を一望できる鹿野山九十九谷展望公園も有名です。

駅近くにはドン・キホーテ君津店やアピタ君津店といった買い物施設があります。また、ホームセンターやドラックストア、家電量販店なども駅周辺にあり、普段の買い物は困らないでしょう。

交通環境は、東京湾アクアラインの開通によって大幅に向上しています。君津駅は総武線快速の始発駅なので、座って通学・出勤できるのも嬉しいポイントです。

東金市の住みやすさ

東金市の公式サイト画像引用元:東金市公式サイト
(http://www.city.togane.chiba.jp/)

千葉県の九十九里平野にある東金市。駅近くには東金市役所やショッピングモール・サンピアがあります。さらに、徒歩5分程度の位置には桜の名所として知られる八鶴湖も。暮らしの利便性は確保されつつ、自然も楽しめるエリアです。

交通環境は、とくにバスの利便性が◎。京成バスや九十九里鉄道バス、ちばフラワーバスなどの路線バスが走っているため、市内の移動が快適です。また高速道路が整備されているので、車があれば都心へもアクセスしやすいでしょう。

市では現在、地域医療の充実、商工業・観光業の発展に力を入れており、住みやすい街づくりが進められています。

千葉市の住みやすさ

千葉市の公式サイト画像引用元:千葉市公式サイト
(https://www.city.chiba.jp/)

千葉県の中心地である「千葉駅」を有する千葉市は、緑区をはじめとする6つの区から成り立っています。千葉駅周辺の繁華街が栄える一方で、小さなお子さんがいるファミリー層にも最適な大型ベッドタウンも多く、抜群の住みやすさを誇る街です。ただ、千葉市に注文住宅を建てるなら地価の高さが難点…。

また「幕張メッセ」や「ZOZOマリンスタジアム」など千葉県を代表するイベント施設もこの千葉市にあり、日々さまざまな催し物が行われています。また海に隣接しており、海辺を楽しむことも可能。季節を問わず、1年中いろんなアウトドアを楽しむこともできます。

茂原市の住みやすさ

茂原市の公式サイト画像引用元:茂原市公式サイト
(http://www.city.mobara.chiba.jp/)

千葉県の中でも、自然が多い茂原市。豊かな自然が身近にありながら、生活に必要なスーパーなどの施設も十分揃っており、ファミリー層やペットと一緒に暮らしている家族にぴったりのエリアです。また車で移動できる範囲には買い物を楽しめるショッピングモールもあり、ショッピングにも困りません。

市内には自然を活かした大きな公園や、千葉県内で唯一の温泉エリア「白子温泉」もあり、観光にも最適。昼はテニスコートや野球場で目一杯遊んだあとに、ヨウ素が含まれ美肌・保湿効果が高い温泉で疲れを癒すこともできます。

長南町の住みやすさ

長南町は水や空気が綺麗なため、蛍が出るほど澄み切った環境が特徴です。関東近郊では、満点の星空が楽しめる場所は多くありません。でも長南町なら、晴れた日には満点の星空を眺めることができます。

朗らかな土地のため、子育てのしやすさは抜群。子ども向けの補助制度も充実しています。また、道路やバスなどの交通網が発達しており、東京駅や羽田空港へのバスも定期運航しています。交通面では可もなく不可もなく…といえるでしょう。自然と、ちょっとの便利さが共存しているので、適度な田舎暮らしを求める方にもおすすめです。

お好みのタイプから注文住宅を見つけよう!

健康&快適に暮らす
ナチュラル素材の家なら

シノスタイル

シノスタイル

家族の健康を第一に思うママ・パパ必見!自然素材の家づくりと快適な暮らしにこだわる工務店。

日本の伝統を大切にする
こだわりの和風住宅なら

住友林業

住友林業

独自の構法がグッドデザイン賞を受賞したりと今もなお進化し続ける大手ハウスメーカー。

大人の遊び心をくすぐる
スタイルのある家なら

AsWell

AsWell

インナーガレージや薪ストーブ、外国風デザインなど、スタイルのある個性的な家づくりが得意。

ページの上へ戻る