世界にひとつの家が見つかる!市原市のステキな注文住宅ギャラリー » 注文住宅を建てる際の注意と建売住宅との新築物件比較を徹底解説!

注文住宅を建てる際の注意と建売住宅との新築物件比較を徹底解説!

新築の注文住宅を建てる前に知っておきたいポイント

新築で住宅を検討するときに悩むのが理想通りの家を作る注文住宅にするか、土地付きで金額がある程度決まっている建売住宅かではないでしょうか。ココでは注文住宅と建売住宅の違いを解説し、注文住宅を注文する際の注意ポイントやメリット・デメリットを紹介します。

建売とはどう違う?注文住宅のメリットとデメリット

建売と注文住宅の違い

建売は建物を土地ごと購入することができます。そのためすでにある程度の形や設備が決まった状態で販売されるので、注文住宅と比べると自由度は低くなります。しかし費用がほとんど確定しているので費用のプランやローンの返済プランなどを考えやすいでしょう。注文住宅の場合は、内装・外装の自由度が高い方がいい、理想通りの家を建てたいという人にオススメです。予算に合わせてプランニングする必要があるため、入念な打ち合わせが必要ですが、家族のスタイルに合った家づくりができます。どちらか決める前に、注文住宅のメリット・デメリットも把握しておきましょう。

注文住宅のメリット

  • 建売に比べて自由度が高い
  • 建築工程を細かくチェックできる
  • 土地・設備・材料などすべて決めることができる
  • 予算からプランニング可能
  • 不要な部分を省くなどの取捨選択で節約が可能

注文住宅のデメリット

  • 建売に比べて割高となることが多い
  • こだわるうちに、予算オーバーしてしまうことも多い
  • 持っている土地で家の形状が制限される

注文住宅はどんな人に向いている?

メリット・デメリットを合わせて考えた場合、注文住宅が向いている人は「土地から設備、家のデザインや内装まで細かく指定して自分の理想を実現したい人」や、「建売ほど設備は多くなくていいので、持っている土地に必要最低限の設備で安い材料を使った家を建てたい」という人に向いています。

注文住宅でよくある失敗!

思い付きでいろいろ決められる分、実際に住むとなると問題が生じてしまうことが多いのも注文住宅ならではです。失敗事例を知り、シミュレーションを行なってから注文内容は確定しましょう。

失敗談

【TVとソファーが近すぎて困った!(45歳/男性)】

部屋数を増やしたことでリビングが前の家に比べると狭くなってしまった。以前使っていた大型のソファーとTVを運び込んで設置したら距離が取れない状態になりました。インテリアの設置場所は考えておくべきでした。

【収納が多いと便利!・・・・・・そんなことはなかった。(32歳/女性)】

新築で、家事がしやすいように収納場所をかなり多く作ってもらいました。でも実際に暮らしてみると、高いところにある収納は使い勝手がよくないし、床下収納を広く深くすると取り出しも大変。使わない収納棚が至る所に出る結果になりました。

【華やかな柄を壁に取り入れてハイセンス!住み心地はビミョー(30歳/女性)】

白壁なんてつまらないし、アーティスティックな柄を壁に入れて後はシンプルにしたらスタイリッシュだと思っていました。最初はオシャレと褒められて嬉しかったんですが、落ち着かないんですよね。柄とかもう少し控えめにしておけばよかったです。

注文住宅着工までの流れ

注文住宅を建てる場合の簡単な流れを知ることで事前に行なうべきことが見えてきます。どういった流れになるのか、施工会社の流れを一例から見てみましょう。

注文から着工までの流れ

STEP1:計画を立てる

暮らす場所や土地の条件、暮らすのに必要な条件(風呂トイレ別・防音他)、家のイメージを決める
間取りや設備の希望や必須条件の優先順位をつけておくと良い

STEP2:土地・施工会社を探す

計画やイメージに合う土地を探す・土地がすでにあれば施工をどこに依頼するか決める

STEP3:敷地・地盤の調査

施工会社に敷地・地盤の調査を依頼する。
希望通りの家を建てられるかは調査結果次第のため、土地の購入を決める前に依頼することが重要。

STEP4:設計

STEP1でまとめた条件、予算を伝えて、材料や設備の打ち合わせをして設計をしてもらう

STEP5:建築確認申請

建築設計を作成したら、法令に適合しているか確認する審査を受けます。
審査で合格すると着工可能になります。

注文住宅の相場を把握しておく

注文住宅を建てる際にはある程度の予算を立てることが必要です。相場例などから読み取れる問題や、予算の立て方を把握しておきましょう。

ハウスメーカーに依頼するなら知っておきたいこと

注文住宅を建てるならまず、ハウスメーカーについて知っておいた方が良いでしょう。ちなみに、注文住宅を建てる際、多くの人がハウスメーカーへ依頼する人が多いです。

大手ハウスメーカーであれば、約1年もあれば住宅を建てることができます。それまでのスケジュールもしっかりとしているので、安心して任せることができるでしょう。

間取りで失敗しないためのポイント

注文住宅を建てる際に失敗しがちなのが、注文住宅の間取りでの失敗です。間取りを決めるのは難しいため多くの人が間取りで失敗をしてしまいます。ですから、失敗をしないためにもそのポイントを抑え、上手くいった人たちの声に耳を傾けましょう。

ローコスト住宅を建てるポイント

ここでは、ローコスト住宅をたてるときのメリットやデメリットを調べました。良い点と悪い点の両方を知っておくことで、ローコスト住宅が本当に自分に適した住宅なのかが分かります。デメリットを回避するには何が大切かもチェックしておきましょう。

高気密・高断熱な注文住宅とは

ここでは、高気密・高断熱な注文住宅の魅力を紹介しています。メリットが多い反面、ちょっとしたデメリットもつきもの。どちらもしっかり踏まえておくと魅力のある家づくりができるので、ぜひ家を建てる前の参考にしてください。

間取りの失敗例や成功のコツ

注文住宅は、いちから間取りなど計画して理想の家を完成させることができます。

自分たちでは完璧と思っていた家に実際に暮らしてみると、作っている段階では気づかず、住みにくさを感じてしまうこともあるようです。

「失敗した!」ということがないように、失敗実例や成功のポイントをおさえて暮らしやすい家をつくりましょう。

住宅ローンの審査に落ちる理由とは

住宅ローンを申し込んで、審査結果がどうなるか不安を感じている方は多いのではないでしょうか。ここでは、住宅ローンの審査に落ちる理由を詳しくまとめました。理由を知っておくと次に活かすことができるので、ぜひご覧ください。

市原市で注文住宅を建てる場合の資金計画とは

このページでは、市原市で注文住宅を建てる場合の資金計画として何を知っておくべきかをまとめました。確認しておくと、資金繰りを考えるときに役立ちます。市原市で注文住宅を考えている人は、ぜひご一読ください。

市原市で狭小住宅を建てる場合のポイント

ここでは、狭小住宅の注意点を詳しく解説しています。さらに、市原市で狭小住宅の建築を考えている方に向けて、相談を受けてくれるハウスメーカー・工務店もご紹介。自分に合った家づくりをしたい人は、一度ご確認ください。

お好みのタイプから注文住宅を見つけよう!

健康&快適に暮らす
ナチュラル素材の家なら

シノスタイル

シノスタイル

家族の健康を第一に思うママ・パパ必見!自然素材の家づくりと快適な暮らしにこだわる工務店。

日本の伝統を大切にする
こだわりの和風住宅なら

住友林業

住友林業

独自の構法がグッドデザイン賞を受賞したりと今もなお進化し続ける大手ハウスメーカー。

大人の遊び心をくすぐる
スタイルのある家なら

AsWell

AsWell

インナーガレージや薪ストーブ、外国風デザインなど、スタイルのある個性的な家づくりが得意。

ページの上へ戻る