注文住宅を建てるなら間取りで失敗しないように気をつけよう

注文住宅を建てる際に気をつけるべきこと、また、計画的に家を建てるために決めておきたい間取りのポイントを紹介します。

注文住宅の間取りで失敗が起こる弊害

  • 室内の明るさ
  • 音の伝わりやすさ
  • 収納スペース
  • 室内の広さ

今上記で上がっているものは、注文住宅を建てる際の間取りでよく失敗するものです。

市原市だけでなく、住宅を建て生活をする上では快適さが重要視されます。

しかし、間取りで失敗してしまうとその快適な生活も手に入れることができないでしょう。

間取りを決める際は、しっかりと考え抜いてから決めるようにすることをおすすめします。

間取りを決める時に考えること

間取りを決める際に意識したいのが、光や風通しです。特に、外から入ってくる光は明るい日常生活を送る上で、必要不可欠な要素といえるでしょう。

光が少なく、暗い場所だと心が沈んでしまいます。人の心は外からの影響を受けやすいので、雨が降れば憂鬱(ゆううつ)になり、曇りであれば気持ちも晴れません。

天気良く快晴であれば、清々しい気持ちになります。このことからマイホームは、極力外からの光が入りやすい環境が望ましいといえるでしょう。

また、窓を開けたら涼しい風が入ってくるかどうかも意識して間取りを決めるようにすると良いです。

ずっと住み続ける場所だからこそ、このような部分にこだわっていきましょう。

暮らしやすい間取りを取り入れた注文住宅を建てよう

リビングやダイニングと対面する形でキッチンを設置した間取りなら、家族とコミュニケーションをとりやすい環境を作ることができます。

料理をしている際も、家族と一緒にテレビを見ながら料理が可能となるでしょう。

また、皿洗いの際もテレビを見ることができます。家族でテレビを見るということは、壮絶なリモコン争奪戦が始まってしまう可能性もありますが、それも家族同士の大切なコミュニケーションといえるでしょう。

他にも、リビングと畳部屋が繋がるのも暮らしやすい生活環境といえます。仕切りの引き戸を設置することで、手軽に空間の広さを調整することができるのです。

広いスペースにしたい場合は、引き戸を開けるだけでできますし、独立した空間にしたい時は引き戸を閉めるだけです。

部屋のスペースを調整することができることで、エアコンを早く効かせることもできます。

また、和室とリビングの両方の良いところを味わうことができるのも大きなメリットといえるでしょう。

寝室の配置を選ぶのも大切です。1階は家族団欒することができる場所として、2階を寝室にすることで快適な生活を送ることができるでしょう。

2階を寝室にすることで、1階からの音も聞こえにくくなるため睡眠を妨げられることもありません。ですから、生活リズムも崩れることがなくなり健康面でも良いです。

お好みのタイプから注文住宅を見つけよう!

健康&快適に暮らす
ナチュラル素材の家なら

シノスタイル

シノスタイル

家族の健康を第一に思うママ・パパ必見!自然素材の家づくりと快適な暮らしにこだわる工務店。

日本の伝統を大切にする
こだわりの和風住宅なら

住友林業

住友林業

独自の構法がグッドデザイン賞を受賞したりと今もなお進化し続ける大手ハウスメーカー。

大人の遊び心をくすぐる
スタイルのある家なら

AsWell

AsWell

インナーガレージや薪ストーブ、外国風デザインなど、スタイルのある個性的な家づくりが得意。

ページの上へ戻る