お好みのタイプから注文住宅を見つけよう!

健康住宅な家ならココ

シノスタイル(木漏れ陽物語)

シノスタイルの自然素材の家

高断熱、高気密な家ならココ

ウィザースホーム市川展示場

高耐震な家ならココ

DAISHU

※シノスタイルの選出基準:公式サイト内に自然素材の使用を明記しており、漆喰壁、自然系植物性塗料を標準装備している市原市にある建築会社。
※ウィザースホーム市川展示場の選出基準:公式サイト内に自然素材の使用を明記しており、2x6工法を使用し、もっともUA値の低い建築会社。
※DAISHUの選出基準:公式サイト内に自然素材の使用を明記しており、耐震等級3を標準仕様にしている建築会社。

公開日: |最終更新日時:

注文住宅で採用される工法の種類

注文住宅を建てる際には、様々な工法を用いられています。この記事では採用される工法の種類についてメリット・デメリットと一緒に紹介していきます。

木造軸組工法

木造軸組み工法は主に柱と梁で骨組みを作り、筋交いを入れた耐力壁をバランスよく配置して住宅を建てる工法です。日本の8割の住宅はこの工法で建てられていると言われており、設計の自由度が高いことも人気の理由となっています。

木造軸組工法のメリット

設計の自由度が高い

木造軸組工法は梁と柱で住宅の構造・骨組みを作り、筋が入っている耐力壁を住宅へバランスを整えて配置することで耐震性も備えることができます。

住宅の構造に関する制約は少ない工法なので、購入した土地が変形していたり狭小地だったりした場合にも十分に対応できます。設計の自由度が高いので購入した土地や理想の家のイメージを活かした家づくりができます。

間口を広くとれる

間口の広い家を設計したい場合にも柔軟に対応できます。木造軸組工法では、柱の素材としてヒノキやスギ・ベイツガ・ベイヒバといった素材からより強度の優れた集成材を利用する場合もあります。強度の高い構造材・梁を使用することで柱の本数を減らした開放感のある空間を実現することも可能。

木造軸組工法は日本で古くから利用されてきた工法でもあるので、日本らしさを活かしたデザインにしたい場合にも向いています。

木の性質を活かした家づくりができる

木は火に弱そうに見えますが、厚い・太い木は燃えにくいという性質があります。また、木はコンクリートや鉄と比べて断熱性能も持っています。木を利用する木造軸組工法では、このような木材の性質を活かした家づくりを行うことが可能です。

木造軸組工法のデメリット

湿気・シロアリに弱い

木造軸組工法は湿気に弱くて木が腐ってしまったり、シロアリの被害も多くなっていたりするというデメリットがあります。木造軸組工法にする場合には、湿気は大敵なので天井下や天井にたまりがちな湿気には注意するようにしましょう。また、シロアリに関しては被害を受けるリスクを抑えられるように対策をしっかりと行っておくことが重要です。

強度は鉄やコンクリートに劣る

木造軸組工法は鉄やコンクリートに比べると、強度が低めになっています。そのため、木造軸組工法で家を建てる場合には、壁の中に筋交いを入れる耐力壁を配置することをはじめとした工夫を行うことが重要になります。木造軸組工法を利用する場合には、不足している強度を補うため壁に筋交いを入れることが重要です。

仕上がりにばらつきがある

木造軸組工法では作業を主に現場で進めていく形をとることが多いです。そのため、施工を行う業者によって住宅の仕上がりが異なります。また、施工を行った時の天候も家を建てていく上で大きな影響を与えることもあります。仕上がりにばらつきが出てしまいがちな点が木造軸組工法のデメリットといえそうです。

軽量鉄骨造

軽量鉄骨造とは鉄骨系プレハブ工法の一種です。素材は工場で大量生産されているので、品質が一定です。強度もしっかりとしているので、大きな窓・空間も作れる工法となっています。

軽量鉄骨造のメリット

品質が安定している

軽量鉄骨造に使われる素材は、工場で大量に生産しています。そのため、住宅の品質が職人によって変わったりすることなく安定しています。多くのハウスメーカーで軽量鉄骨造が採用されており、イメージに近い住宅を手に入れることも可能でしょう。

大きな窓・空間を作れる

軽量鉄骨造は、軽量鉄骨を住宅の骨組みとして活用している鉄骨系のプレハブ工法となっています。主に鉄で作られている軽量鉄骨造では木よりも強度が高くなっており、住宅に大きな窓を作りたかったり大きくて開放的な空間を作ったりすることもできます。

軽量鉄骨造のデメリット

設計に制限がある

軽量鉄骨造は工場で大量生産された素材を使用して組み立てられるので、設計の自由度はあまりありません。すでに決まっているデザインや設計で住宅の構造は制限されがちなので注意が必要です。

また、軽量鉄骨造は独自技術が多く盛り込まれていることがあるので、リフォームを行う場合には住宅を建てた時のメーカーに依頼しないと難しい場合が多いです。構造・設計の制限によってリフォームを行う会社に制限があるのもデメリットといえそうです。

熱を通しやすい性質がある

鉄は熱を通しやすい性質を持った素材なので、エアコンや暖房器具で室内の温度コントロールがやや難しい部分があります。そのため、夏は暑く冬は寒い住宅になってしまいがちです。対策をしていない住宅の場合、冬は住宅内で結露を起こしてしまうこともあります。また、鉄はサビやすく防音性も低い素材となっているため、湿度対策や防音対策も視野に入れておきましょう。

鉄筋コンクリート(RC)造

鉄筋コンクリート(RC)造は、鉄とコンクリートを使って強度や耐火性を高めた工法です。防音性も高く、住宅の種類が一戸建てでも高層ビルでも型枠さえあれば作ることができます。

鉄筋コンクリート(RC)造のメリット

耐火性・強度が高い

鉄筋コンクリート(RC)造はとても強度や耐火性が高く、耐震性の優れた鉄とコンクリートの性質を十分に引き出した住宅となっています。

コンクリートは火に強い素材となっています。そのため、火災に強い住宅にすることが可能です。また、外気や雨水の影響を受けやすい鉄がサビるのをコンクリートも鉄と併用することで抑えてくれます。鉄とコンクリートそれぞれの性質を活かした家づくりができます。

型枠があれば幅広い建物に対応できる

一戸建てから高層ビルまで対応できる工法となっており、建築物の型枠さえあれば柔軟に建物を建てることができます。設計の自由度が高いことから建築家が建てる個性的な住宅から高級住宅などに多く採用されている工法となっています。どのような住宅でも対応できる自由さが、住宅を作る上では大きなメリットとなりそうです。

防音性が高い

コンクリートは、とても重い素材です。そのため、鉄筋コンクリート(RC)造の住宅は音を通しにくくなっていて防音性が高くなっています。防音性が高い住宅にすることによって、生活する上で発生する生活音のリスクへ対策を行えるでしょう。

防音性が高い点は鉄筋コンクリート(RC)造のメリットといえそうです。

鉄筋コンクリート(RC)造のデメリット

品質にばらつきがある

鉄筋コンクリート(RC)造で住宅を作る場合には、住宅の現場で作業を進めていくことになります。そのため、作業に関わる職人さんや状況によって品質にばらつきが出てしまいがちです。一定の品質になるのではなく、現場や天候によって住宅がどのような仕上がりになるのか変わってしまう点はデメリットといえそうです。

外気に影響を受けやすい

コンクリートは、熱を通しやすい性質を持っています。そのため、鉄筋コンクリート(RC)造で建てる場合には住宅の内部まで外の気温の影響を受けやすくなっています。夏は暑く、冬は寒い住宅になってしまいやすいので、快適に過ごすには断熱性に関する対策が重要です。

費用が高くなりがち

鉄筋コンクリート(RC)造にすると、費用がかかってしまいがちなので注意が必要です。

これは、鉄筋コンクリート(RC)造で住宅の構造を作る部分のみを見ても「鉄筋工」「型枠工」「コンクリート流し込み」「コンクリートを固める」「型枠を外していく」という5つの工程に分かれています。1つ1つの工程をこなしていく必要があるので、作業をする時間や手間もかかりコストが増えやすいのです。こうした工程の多さが鉄筋コンクリート(RC)造の住宅を建てる上での費用の高さにもつながっていきます。

お好みのタイプから注文住宅を見つけよう!

健康住宅な家ならココ

シノスタイル

シノスタイル

高断熱、高気密な家ならココ

ウィザースホーム市川展示場

高耐震な家ならココ

DAISHU

※シノスタイルの選出基準:公式サイト内に自然素材の使用を明記しており、漆喰壁、自然系植物性塗料を標準装備している市原市にある建築会社。
※ウィザースホーム市川展示場の選出基準:公式サイト内に自然素材の使用を明記しており、2x6工法を使用し、もっともUA値の低い建築会社。
※DAISHUの選出基準:公式サイト内に自然素材の使用を明記しており、耐震等級3を標準仕様にしている建築会社。

ページの上へ戻る