お好みのタイプから注文住宅を見つけよう!

健康住宅な家ならココ

シノスタイル(木漏れ陽物語)

シノスタイルの自然素材の家

高断熱、高気密な家ならココ

ウィザースホーム市川展示場

高耐震な家ならココ

DAISHU

※シノスタイルの選出基準:公式サイト内に自然素材の使用を明記しており、漆喰壁、自然系植物性塗料を標準装備している市原市にある建築会社。
※ウィザースホーム市川展示場の選出基準:公式サイト内に自然素材の使用を明記しており、2x6工法を使用し、もっともUA値の低い建築会社。
※DAISHUの選出基準:公式サイト内に自然素材の使用を明記しており、耐震等級3を標準仕様にしている建築会社。

公開日: |最終更新日時:

フルオーダー・セミオーダー・規格住宅の違いとは?

注文住宅を建てる際には、間取りや予算などさまざまなことを決めなくてはいけません。その中でも、どんな方法で注文住宅を建てるかは文字通り注文住宅の建設プランの基礎となる部分です。注文住宅の依頼方法には、大きく分けてフルオーダー、セミオーダー、規格住宅の3種類があります。もちろん、自分の理想とする住まいを建てるためには、その理想に適した依頼方法を選ばなくてはいけません。ここでは、フルオーダー、セミオーダー、規格住宅それぞれのメリット・デメリットや違いを紹介していきます。

フルオーダー

フルオーダーは、間取りや家具の配置、外装や内装など住宅を構成する要素をすべて施工主が決める形態です。既存の住宅モデルにとらわれないので、独自のデザインの住まいや特殊な形状の土地に家を建てたい人に適しています。住宅を建てる際にデザインの自由度を重視するなら、フルオーダーで依頼するのがいいでしょう。

フルオーダーのメリット

フルオーダーの大きなメリットは、その高い自由度です。フルオーダーなら間取りや内装など、建物を構成する要素をすべて施工主が決めることができます。どんな家を建てたいかというイメージがしっかり固まっていれば、それに合わせて建物の要素を決めていけば自分の理想にピッタリの家を建てることができるでしょう。

また、予算をかける部分を柔軟に変更することができるのも大きなメリットです。たとえば、内装にかけるお金を抑えて、その分外装に予算をかけるというやり方ができます。特に予算をかけたい部分がはっきりしている場合はフルオーダーで依頼するとより柔軟な建築プランを立てられるでしょう。

フルオーダーのデメリット

住宅を構成する要素のすべてを施工主が決められるのがフルオーダーの代表的なメリットです。しかし、その分施工主と施工業者との間で建てる住まいのイメージを共有するために打ち合わせを何回も重ねる必要があります。したがって、フルオーダーでは住まいが完成するまでに時間がかかることがデメリットとなります。

また、ほかの依頼方法に比べて費用が高くなりがちなのもデメリットと言えるでしょう。特殊な形状の土地に家を建てたり、複雑な間取りの住まいになったりするとその分工事も増えてしまうので、結果的に工事費がかさんでしまうのです。

フルオーダーのオーダー方法に向いている人ってどんな人?

フルオーダーはさまざまな要素を施工主が自由に決められる依頼方法です。そのため、注文住宅を建てるにあたって自由度の高さを最優先したい人に向いていると言えるでしょう。

また、間取りや素材、外装や内装などすべてを自分で決めることになります。そのため、注文住宅の建設について十分な知識を持っている人ならフルオーダーの持つ自由度を上手く引き出し、魅力的な住まいを建てることができるでしょう。

セミオーダー

セミオーダーは、間取りなどの住宅の基本的な部分があらかじめ決められている方式です。木材や断熱材などの建物の構造部分や住宅設備のメーカーなどは施工会社が設定し、それ以外の部分を施工主が決めたり、あらかじめ決められた住宅モデルの間取りなどを施工主がアレンジしたりして家造りを進めていきます。フルオーダーは施工主がすべてを決めるため施工主主導の家造りになるのに対し、セミオーダーは施工会社主導の家造りになるのが特徴です。

セミオーダーのメリット

セミオーダーは、施工会社主導の家造りとなります。そのため、家造りのプランを自力で建てるのに自信がない人や、家造りについての十分な知識がない人でも注文住宅を建てられるのが代表的なメリットです。

施工会社主導で家造りができるということは、その分打ち合わせの回数も少なくて済みます。したがって、フルオーダー住宅に比べてより短い期間での家づくりができるというメリットもあります。

また、あらかじめ設定されている部分があるので大体の建築費総額の見通しがよく、資金計画が立てやすいというのもメリットでしょう。また、既存の住宅モデルに合わせる部分があるのでその分費用を抑えられるというメリットもあります。

セミオーダーのデメリット

すべての要素を施工主が決められるフルオーダーに比べると、セミオーダーは自由にできる部分が少ないのがデメリットです。したがって、できるだけ自分の要望を反映させた注文住宅を作りたいという人には適していません。

費用に関してはフルオーダーに比べると安くなるものの、建売住宅と比べると費用は高くなります。この費用の差は、すなわち自由度の差が反映されたものと言えるでしょう。また、打ち合わせ回数もフルオーダー住宅に比べれば少ない回数で済みますが、建売住宅に比べるとやはり打ち合わせの回数は多くなります。

セミオーダーはあらかじめ決められた住宅モデルをもとにして自分の希望の住まいを決めていくやり方です。その過程であれもしたい、これもしたいといったように要望が増えてくると、結局大部分を変更することになり費用が膨れ上がっていくことになります。セミオーダーの場合は、どこをアレンジするかをしっかり限定して考える必要があるのです。

セミオーダーのオーダー方法に向いている人ってどんな人?

施工主ではなく施工会社が主導で家造りを行うセミオーダーは、フルオーダーで住宅を作れるほど住まいを建てるための経験や知識がない人に適しています。

また、ご自身で住まいのイメージを上手く固めることが難しい人や、一部にだけこだわりたい人にもセミオーダーがおすすめです。

セミオーダーは、フルオーダーに比べると期間が短く費用も安く抑えられます。そのため、なるべく早い段階で費用を抑えて注文住宅を建てたい人も、セミオーダーを選ぶといいでしょう。

規格住宅

規格住宅は、住宅会社が提供している住宅モデルのラインナップからプランを選んで家を建てる方式です。大手ハウスメーカーでは、さまざまなコンセプトを持った住宅モデルを提供しており、さまざまな好みに合わせて多種多様なラインナップが展開されています。

規格住宅のメリット

規格住宅のいちばんのメリットは、なんと言っても3つの依頼方法の中でコストを抑えられる点でしょう。家造りは人生の中でも特に大きな金額が動く買い物なので、費用を抑えられるのは大きなメリットとなります。

また、規格住宅とフルオーダー、セミオーダーとの大きな違いとして、規格住宅はすでに完成した状態の住宅モデルを実際に見ることができるという点があります。フルオーダーやセミオーダーはしばしば、完成してから想定していた完成形とのイメージのズレが発覚することがあります。対して規格住宅なら実際に建てられた家を見学して、外観や内装、生活動線などを自分の目で確認することができます。実際の建物があるので、より実際にそこで生活するときのイメージがつかみやすく、自分のイメージと実際の建物のズレが生じることなく住まいを選べるというメリットもあるのです。

規格住宅のデメリット

規格住宅にはさまざまな住宅モデルがありますが、セミオーダーのように一部をアレンジしていくということは基本的にできません。そのため、3つの依頼方法の中では自由度が低くなるというデメリットがあります。

また、住宅モデルの種類は多様なものの、基本的に万人受けするデザインやオーソドックスな間取りになっています。そのため、ほかにないような個性的な間取りやデザインにしたいという人には向きません。

規格住宅はあらかじめ決められた住宅モデルをそのまま建てるスタイルです。そのため、どんな家を建てるのか試行錯誤する手間が省ける反面、家を建てる楽しみが味わえないというデメリットがあります。人生でそう何回もあるわけではない家を建てるというライフイベントを楽しめないのは、人によってはとても大きなデメリットとなるでしょう。

規格住宅のオーダー方法に向いている人ってどんな人?

規格住宅は、3つの依頼方法の中でも費用を抑えられる方法です。そのため、デザインや個性を犠牲にしてもコストを低く抑えたいという人に適した方法だと言えるでしょう。

また、どんな建物が建つのか事前にしっかり確認しておきたい人にも規格住宅がおすすめです。規格住宅なら完成した状態の住まいを住宅展示場などで実際に自分の目で見て触れることができるので、住まいが完成したあとで自分のイメージと違う!といったトラブルが生じるのを防げます。

それぞれの特徴や強みに合わせたオーダー方法を選ぼう

注文住宅を依頼する方法には、フルオーダー、セミオーダー、規格住宅の3種類があります。これらの方法にはそれぞれメリット・デメリットがあるので、自分がどのような形で注文住宅を建てたいかによって、適切な方法を選ぶことが大切です。

特に、自由度とコストは基本的に反比例するので、自由度を重視するかコストを安く抑えたいかで選ぶべき依頼方法が変わってきます。注文住宅を建てる際には、自分がどこに重きを置くかをよく考えてみましょう。

お好みのタイプから注文住宅を見つけよう!

健康住宅な家ならココ

シノスタイル

シノスタイル

高断熱、高気密な家ならココ

ウィザースホーム市川展示場

高耐震な家ならココ

DAISHU

※シノスタイルの選出基準:公式サイト内に自然素材の使用を明記しており、漆喰壁、自然系植物性塗料を標準装備している市原市にある建築会社。
※ウィザースホーム市川展示場の選出基準:公式サイト内に自然素材の使用を明記しており、2x6工法を使用し、もっともUA値の低い建築会社。
※DAISHUの選出基準:公式サイト内に自然素材の使用を明記しており、耐震等級3を標準仕様にしている建築会社。

ページの上へ戻る