いろいろな注文住宅

注文住宅では、自分の家族構成やライフスタイルに合わせて、世界に一つだけのオリジナリティに富んだ住宅を作ることができます。

この記事では少し変わった注文住宅を紹介していきます。注文住宅を建てるときに「こういったこともできるのか」「こういった住宅も良いかもしれない」などと、思いを巡らせる参考にしてください。

二世帯住宅

老人用住宅

超高齢社会の日本で増えているスタイルで、働き世代の家庭がその親の世帯とともに住むための住宅です。

若者と老人では生活サイクルが違うため、片方の活動時間に片方が寝ていることもありえます。

お互いの迷惑にならないよう、適度な距離感を保って結果的に円満な家庭にできるのが二世帯の魅力です。

両方の家庭を玄関の時点から完全に分離するタイプの二世帯住宅から、玄関やトイレやキッチンといった設備のみ共用とする部分分離タイプの二世帯住宅まで、様々なものがあります。

家族の好みなどに合わせて検討してください。

地下室のある住宅

地下室というとジトジトと暗いイメージがありますが、夏は涼しくて冬は暖かいという利点もあります。

室温が安定しているので物の保存に向いている一方、防音性が高いので楽器の演奏やホームシアターなどに活用する例も見られます。災害の多い日本では、災害時用の避難場所として地下室を作る人もいるようです。

主な問題は2つあります。

まずはコストです。地下室の作成には、地面を掘って壁を固めて土砂を捨てるなどの手間がかかります。掘るというのは意外と大変で、大きな岩が埋まっていたらいちいち取り除かなくてはなりません。自然と工事費が上昇し、1坪の地下室で100万円程度かかることも少なくありません。

もう1つの問題はカビです。日本は湿気が多いので、建築時に湿気対策を充分に施しておかないとカビが発生することがあります。

防音室のある住宅

楽器を演奏する人やホームシアターを作りたい人にとって、防音室は憧れの存在です。

好きな楽器を夜中に演奏しても近所迷惑にならないので、音楽の仕事をしている人や音楽を仕事にしたい人には特に人気があります。

様々なことに使える防音室ですが、やはり問題はコストです。消音材や消音パネルを設置すれば良いというわけではないので、注文住宅の工事費が100~200万円以上アップしてしまいます。

また、消音材を室内に大量に貼る必要があるため、6畳の部屋であっても5畳以下の広さになってしまうという問題もあります。せっかくの広い部屋が小さくなってしまうのです。

店舗併用住宅や事務所兼用住宅

おもちゃ屋さん

いわゆる「個人経営のお店屋さん」です。自宅で営業できるため他に店舗を借りる必要がなく、店舗のための家賃を支払う必要がなくなります。

お店を自由にカスタマイズすることができ、昔ながらの八百屋さんのような間取りから、1階を全て店舗にして2階のみを居住スペースにする間取りまで、好みに応じて作ることができます。

弁護士や司法書士などの事務所や、お医者さんが小さな個人クリニックを自宅に作ることもできます。家で接客できるので通勤の手間がなく、常に仕事に打ち込むことができます。

欠点は、ビジネスとプライベートの境界が曖昧になることと、店舗や事務所用のコストが工事費用に上乗せされることです。

離れのある住宅

母屋以外に離れがある住宅も、注文住宅では自由に建築できます。

離れを子供部屋にすれば、子供は気兼ねなく受験勉強などに打ち込めます。書斎にすれば好きなだけ読者や執筆することも可能です。

離れ自体を店舗や事務所にしたり、日曜大工の小さな工場にしたりするなど、活用アイデアは無尽蔵に湧き出てきます。

問題は母屋から離れまでのアクセスです。屋根や壁のある渡り廊下で母屋と繋がっていない場合は、離れからの行き帰りで雨風に晒されることになります。

また、離れにトイレや水道などの水回りを作るとコストが跳ね上がってしまいます。しかし離れにトイレがないといちいち母屋まで行かなければならないので、若干不便となります。

高齢者向け・障がい者向け住宅

高齢者や障がい者が暮らしやすいように、手すりをつけたり段差をなくしたりした住宅です。

トイレやお風呂を使いようにする広くするような設計も可能ですし、ベッドから楽に起き上がれるような仕様もあります。車椅子の人のために使いやすい洗面台やキッチンも開発されています。

歩いて2階に行けない人のために、家庭用エレベーターと導入することもできます。

問題はやはりコストです。全ての設備を完璧に整えようとすると、それなりにお金がかかります。

まとめ

注文住宅では、お金と土地さえあれば大抵のことを実現できます。

実際にはどちらも有限なので、できる範囲で希望を叶えることになってしまいますが、それでも最善を尽くせば素敵な住宅を作ることが可能です。

工務店の人と打ち合わせする際には、「これは可能か」「こういった住宅はできないか」などと遠慮なく質問してください。解決するためのアイデアを提案してくれることがあります。

お好みのタイプから注文住宅を見つけよう!

健康&快適に暮らす
ナチュラル素材の家なら

シノスタイル

シノスタイル

家族の健康を第一に思うママ・パパ必見!自然素材の家づくりと快適な暮らしにこだわる工務店。

日本の伝統を大切にする
こだわりの和風住宅なら

住友林業

住友林業

独自の構法がグッドデザイン賞を受賞したりと今もなお進化し続ける大手ハウスメーカー。

大人の遊び心をくすぐる
スタイルのある家なら

AsWell

AsWell

インナーガレージや薪ストーブ、外国風デザインなど、スタイルのある個性的な家づくりが得意。

ページの上へ戻る